読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

reading between the line

雑記です。日常のこと、読書、子育て、考えたこと。

4月3日 娘が初めて自転車に乗れた日

小学一年生になる娘が、今日初めて自転車に乗れた。昨夏に自転車を購入したのだが、すぐ背が伸びるだろうと、大きめのものを買ってしまった。その時はつま先がかろうじて届く位だったので、またがって立つのが精一杯、補助輪なしではとても乗れそうもなかった。それから半年たって、娘の背も伸び、なんとか足がつくようになった。しかしそう簡単には自転車に乗れるようにはならない。昨日も妻と練習したのだが、まだまだとのことだった。ところが今日私と練習に行ったところ、なんともあっけなく乗れるようになったのだ。はじめはフラフラしながらなんとか漕いでいたのだが、みるみるうちにしっかり漕げるようになってきた。不安げだった表情も自信に満ちたものに変化してきた。それにしても子供の上達の早さには驚かされる。ついこの前まで出来なかったことが、知らないうちに出来るようになっている。私の娘は初めから何でもこなせる子ではない。しかしけん玉や竹馬、鉄棒も他の子と比べて上達は遅いほうだったが、最終的にはすべて出来るようになった。コツコツと繰り返し練習することによって、会得していったのだ。これは親としては嬉しいことである。努力しないで出来てしまうよりも、初めは出来なかったことも努力次第では出来るようになるということを知ることは大人になって非常に重要になってくるだろう。などと私も偉そうに言ってられない。父親のの私が彼女から学ぶことは多い。子供が必死に何かに取り組んでいるのを見ていて感じることは、子供というのは単純にそれが出来るようになりたいだけなのだろうと思う。友達がやっていることを私もしてみたいという心だけがあって、おそらくそれ以外のことは考えていない。しかし大人になるにつれて、色々なことを考えるようになる。おそらく僕には無理だろうとか、一生懸命やるのはカッコ悪いとか理由を付けて、気持ちが真っ直ぐ対象に向かわなくなるのではないか。だがそう考えるならば、たとえ歳をとったとしても、余計な気持ちを取っ払ってしまえば、可能性はまだまだあるのではないだろうか。私が初めて自転車に乗れた日は全く思い出せない。しかし、かつてそんな日があったのだ。無我夢中で目の前のことに挑んでいたに違いない。娘が自転車に乗れた今日は彼女にとっての記念日だ。そして私にとっても、何をするにも一生懸命だった子供の頃の気持ちを思い出すことが出来た大切な日になった。