reading between the line

雑記です。日常のこと、読書、子育て、考えたこと。

3月29日 保育園、今日でお別れ。

今日は上の娘の保育園最後の登園日だった。2歳から4年間お世話になったことになる。先生方に挨拶をするために夫婦でお迎えに行った。入園当初は泣いてばかりだった娘が今ではすっかりたくましくなった。ひとえに先生方のおかげだ。4年という月日で子供はこれほど成長するものか、とつくづく思う。それにくらべて私はまったく成長しなかった。今日も妻が先生と話している間、横で突っ立っていただけだ。上の娘は保育園とお別れだが、まだ下の娘はお世話になる。あと4年。二人合わせると8年も保育園でお世話になるのだ。親からすると保育園の折り返し地点だ。これまでは先生方に迷惑をかけっぱなしだったが、残りの半分は恩返しというか、何か少しでもお役に立てないか、という気持ちがある。ただ親としてすべきことは、自分の子供にしっかりと向き合うことだけかもしれない。そして子供たちや親である私たちを見守って下さる皆さんに感謝の気持ちを忘れないことだろう。