reading between the line

雑記です。日常のこと、読書、子育て、考えたこと。

3月28日 「拉麺 七星」に行ってきた。

以前から気になっていたラーメン屋「拉麺 七星」に行ってきた。まず「七星」という店名が秀逸だ。三ツ星でもなかなか取れるものではないが、この店はさらに4つも星が上積みされている。おそらく至高のラーメン、究極の一杯が食べられるに違いない。店頭には素朴な手書きのメニューが貼られているだけだが、中に入るとオシャレで意表をつかれた。木目調の落ち着いたカウンター、静かに流れるジャズピアノのBGM。ラーメン鉢も木製のトレイもすべてが上品だ。通常ラーメン店は2種類のタイプに分けられる。気軽に入れる大衆店と、ラーメン通を相手にしたこだわりのラーメン店だ。私はどちらも好きだが、「七星」は完全に後者。元気の良い若い店主が出してくれたラーメンはまず見た目が美しい。薄くスライスされたチャーシューにとろけそうな半熟卵、シナチクと青味が丁寧に盛り付けられ視覚だけで美味しいと判断してしまった。スープをすすると、店の雰囲気にピッタリの上品な味わいだ。まったりとした豚骨醤油で麺にいく前に飲み切ってしまいそうだ。太麺はモチモチしている。店奥に製麺機のようなものが見えた。店内で打った自家製麺だろうか。うどん屋やそば屋では見かけるがラーメン屋では珍しい。こだわりぬいたラーメンを一瞬で完食してしまった。もっと味わうべきだった。店主が一人で切り盛りしているようで、忙しそうだった。ラーメンを作り、運び、下げモノをしなければならない。結構至難の業だ。思わず自分が食べた鉢や、他のお客のものも片づけようという気になったがやめておいた。いい迷惑だろう。しかしこれだけおいしいラーメンならやがて繁盛店になるだろう。店主さんはさらに大忙しだが、頑張ってもらいたい。そう思えるようなラーメンだったし、店主さんの働きぶりだった。美味しかったです。ごちそうさまでした。また行きます。