reading between the line

雑記です。日常のこと、読書、子育て、考えたこと。

3月15日 スーツ購入

土曜日の卒園式用にスーツを買いに行った。私は普段、スーツをほどんど着ない。今持っているスーツは10年前に買ったもので、サイズ感と色目がいまいちだ。行ったお店はスーツセレクト。思っていたより小さな店舗で入りづらかったが、若い女性店員さんが丁寧に接客してくれた。さすがに今どきのスーツはスリムですっきりしていて、試着すると我ながらイケテル。パンツはパツパツだがストレッチ素材で問題なし。色は紺の無地のスーツにした。無地のほうが上品だと思った。ネクタイも紺のドット柄。ドットの大きさに迷ったが、少し大きめのものにした。裾直しに通常4日かかるとのことで、もう少し余裕をみておくべきだったか。スーツ2万8000円でいい買い物ができた。持っていたスーツを着ていったのだが、買ったものと比べると、あまりにもダサい。帰り道は誰にも会わないことを願った。今までスーツを着こなせないことにコンプレックスがあったが、それが解消されてうれしい。少し大人になった気分だ。しかし受け取りは3日後。持ち帰って着てみたら、思ってたのと違う、というのはよくあること。まだまだ気は抜けない。